職場内感染ゼロを目指して・・・


抗ウイルスコーティング

前処理消毒

コーティング前に、シャットノクサス方式(アルコール専用噴霧器)とアルコール拭きで、除菌消毒を行います。

※エタノール80%

コーティング

チタニア系セラミックコート剤(無光触媒)をエアガンにて吹き付け、施工します。

施工証明書の発行

アルコール前処理消毒、コーティングを完了後、施工証明書を発行いたします。

コーティング施工済のシールも発行いたしますので、感染対策アピールにお使いください。


新型コロナウイルスに対する試験結果

 

抗ウイルスコーティング(オールチタン AT254)は、奈良県立医科大学における不活化の実証実験において、新型コロナウイルスに対して、その有効性が実証されています。

試験方法の概略

あらかじめ抗ウイルスコーティング (オールチタン AT254) を塗布し、完全に乾いた状態のガラス板と何も塗っていない未施工のガラス板それぞれに新型コロナウイルスを150 μl 接種し、4 cm 角のフィルムで被覆しました。

抗ウイルスコーティングを塗布したガラス板と何も塗っていないガラス板

↓

同じ量の新型コロナウイルスをガラス板に接種

その後、それぞれのガラス板を一定時間静置し、それぞれの時間後にPBS 溶液によってウイルスを回収した所、以下のような結果となりました。

新型コロナウイルス減少経過

抗ウイルスコーティング施工済みのガラス板に1.95x 106 PFU/sample の新型コロナウイルスを接触させると、2 時間後で1.38 x 103 PFU/sample(減少率99.887%)へと感染価が減少しました。

新型コロナウイルス感染価減少グラフ

 

効果は長期間に渡り持続

抗ウイルスコーティング(AT254)は、数年間(3~10年間)に渡って効果を発揮します