正しい嘔吐物処理法

ノロによる嘔吐物の正しい処理法をファスターバスターとバイオセーフをつかって、手順をご案内します。

1.事故発生現場から周囲の人を遠ざけたあと、処理作業者はマスク、手袋、エプロンを着用する。

2.おう吐物全体がかくれるまでバイオセーフを振りかけ、約1分間放置する。
(バイオセーフが水分を吸収してボソボソになるまで。)

3.上からペーパータオルをかぶせて、ポリ袋(小)におう吐物を回収する。

4.床の上にFB-1000をスプレーしペーパータオルで拭き取り、ポリ袋(小)に捨てる。

5.おう吐物の入ったポリ袋(小)の中にFB-1000をスプレーし、袋の口をしばる。

6.ポリ袋(大)に手順5のポリ袋(小)→エプロン→マスク→手袋をいれ、FB-1000を袋の中に噴霧して口をしばりゴミ箱にすてる。

7.発生場所の半径2メートルくらいの空間全体にスプレーする。

8.ファスターバスターのボトルと手を殺菌ソープでしっかり洗浄する。

9・水分をペーパータオルで拭き取ったあと、FB-1000を手にスプレーし、乾くまで十分に手全体に磨りこむ。

注 意

● 処理作業前および最中は関係者以外近づけないこと。
● 処理作業中および処理後は換気を十分に行うこと。
● 汚物処理後48時間は感染の有無に十分注意すること。
● 廃棄物は一般ごみと同様、地域の分別方法に従って廃棄すること。
● 処理剤や廃棄物は下水には流さないこと。